介護

腎臓病のための食事療法|体に優しい食事を

宅配で腎臓に優しい食事を

病食

負担を減らす便利さ

腎臓病は腎臓に負担がかかってしまうことで、排尿が難しくなったり、透析が必要になる状態になってしまいます。この腎臓病の主な治療は食事療法となり、低タンパク質や減塩によって、腎臓への働きを抑えていくのが目的です。病院ではこのような食事療法を指導していますが、全ての食事に気を付けていくのは簡単ではありません。腎臓病は中高年に多く見られ、1日3食を食事療法を意識して作り続けるのも負担になってしまいます。無理のない食事療法を行っていくには、プロのサービスに頼っていく方法も大切です。こういうサービスには、腎臓病を意識した食事内容で自宅まで宅配してくれるものがあります。調理する手間が減らせるだけでなく、宅配もとても便利で余計な負担をかけなくて済みます。

腎臓の働きを知る

腎臓は、血液をろ過して老廃物を体内へ排出する働きをします。健康的な血液やスムーズな排尿は腎臓の働きのお蔭であり、大切な役割を担っているのです。しかし、食事で摂取したタンパク質や塩分が多くなってしまうと、腎臓の働きに負担がかかってしまいます。負担がかかり過ぎると機能に支障が出てしまうために、普段の食事から見直していかなければいけません。食事療法ではできるだけたんぱく質や塩分を少なくした食事となり、宅配の業者ではこれらの調理を徹底しています。それでいながら、美味しさにこだわった食事を追求しており、栄養のバランスもよく考えられています。1日1食や3食からの宅配も可能で、毎日飽きのないメニューとなっているために続けやすい魅力があります。腎臓病でも毎日の食事は健康維持へとつながることから、少しでもストレスを抑えていく工夫ができます。

基本的な治療方法

老人

腎臓病の治療として外科手術や薬物療法、食事療法が挙げられ、特に食事療法は予後を良好に保ち、日常生活をより健康に過ごすために欠かせません。腎臓病の食事療法としては、腎臓病の種類によって微妙に変わる点もありますが基本的にはエネルギーの積極的な摂取、タンパク質やカリウムなどの制限などが挙げられます。

Read More..

蛋白質に注意しよう

和食

腎臓病の食事療法の中心は蛋白質と塩分、カリウムの制限です。エネルギーはしっかりと摂る必要があります。腎臓病の食事療法は長期間に亘るため、無理は禁物です。忙しいときにはプロの栄養士が計算し、調理してくれる宅配を利用するのもひとつの選択です。

Read More..

治療の特徴と重要ポイント

介護

腎臓病の治療には、安全で負担の少ない食事療法が行われることが多くなります。また、その際には栄養管理士の指導の元で行うのが大事です。食事療法の際には、腎臓に負担をかけるたんぱく質・塩分・水分は摂り過ぎないように注意しましょう。

Read More..

ASSOCIATED LINK

  • 美味しく改善!腎臓病の食事療法ガイド

    宅配で届けてくれるお店を利用することができます。腎臓病で食事療法を改善したいと考えているならサイトを拝見してみるといいです。