老人

腎臓病のための食事療法|体に優しい食事を

基本的な治療方法

老人

腎臓とは、老廃物を尿として排出する機能を中心として、体温の調節やホルモンの生産などの働きを持つ極めて重要な臓器の1つです。これが病におかされて腎臓病になると、体の様々な部分に悪影響を及ぼし、重大な病気にかかりやすくなってしまいます。腎臓病の主な治療としては、外科手術や薬物療法、食事療法などがあり、前者は病気そのものの治療としての側面が強く、後者は予後の治療やケアという側面が強いです。特に適切な食事療法は、外科手術などを受けた後の日常生活をより健康に過ごすためには欠かせません。そういう意味で腎臓病における食事療法は、外科手術などよりも重要だということを知っておきましょう。仮に腎臓病が重大で透析が必要な場合であっても、食事療法を適切かつ工夫することにより、一般の人と変わらない生活を過ごすことも十分可能になります。

腎臓病における食事療法の基本となるキーワードとして、「摂取」と「制限」が挙げられ、これらは、腎臓病の種類によって分けられることになります。腎臓病と一口にいっても、その種類にはいくつかあります。代表的なものとしては急性或いは慢性の腎炎、ネフローゼ、糖尿病性腎炎、急性腎不全などです。これら腎臓病の食事療法で共通して制限されるものとして、タンパク質やカリウムなどが挙げられます。ちなみに、腎臓病に限ったことではありませんが、塩分の制限は当然にあります。これらはいずれも、腎臓に過度な負担をかけさせないために制限されます。また、場合によっては水分の制限もある場合があるので、医師の指示を仰ぐようにしましょう。反対に、積極的に摂取することが勧められるものとしては、エネルギーです。これは、エネルギーが不足すると体内のタンパク質が分解されてしまい、タンパク質を過剰に摂ることと同じ結果になってしまうからです。しかし、エネルギーを摂ることは大切ですが、だからといって過剰に塩分や油分を摂りすぎないようにしましょう。