老人

腎臓病のための食事療法|体に優しい食事を

治療の特徴と重要ポイント

介護

負担が少なく安全な治療法

腎臓病は腎臓の機能が低下してしまうことで起こる病気で、一度なってしまうと回復が難しいことでも知られています。腎臓には身体の中の毒素を排出したり、水分を一定に保つなどの機能があります。よって、腎臓の機能が失われると体のバランスが崩れ、身体中の様々な所に異常をきたしてしまうのです。腎臓病の治療には食事療法が行われることで知られています。食事療法は手術のように身体への負担が大きいものでは無いので、安心できる治療法でもあります。また、単純な治療目的では無い病気を防ぐという役割もあるので、広く支持されている治療法なのです。腎臓病を防ぐ、あるいは改善するために、栄養管理士の指導の元でしっかりと計画を立てて食事療法を行う必要があります。

摂る栄養素に気をつける

他の病気の食事療法と同じでは、腎臓病の治療にはあまり効果がありません。大事なポイントは、腎臓の機能を理解して摂取する栄養分を調整することなのです。魚や肉などのたんぱく質は、出来るだけ摂らないようにします。たんぱく質は尿素窒素などの量を増やしてしまうので、腎臓に大きな負担をかけてしまうからです。また、たんぱく質の制限は大事ですが、エネルギー源となる脂分や糖分はしっかり摂るようにします。摂らなかった場合には、尿素窒素が増えてしまうことに繋がりますので注意が必要です。腎臓機能が低下すると、ナトリウムの排出が上手く出来なくなるので、塩分は控えめにします。また、水分調整も上手く出来ないので、水分の摂り過ぎにも気をつけたほうが良いです。このように腎臓病の食事療法は、摂るべきものと控えるものがはっきりと分かれてしまうという特徴があります。