老人

腎臓病のための食事療法|体に優しい食事を

蛋白質に注意しよう

和食

塩分とカリウムにも

腎臓病の食事療法におけるポイントは蛋白質、塩分、カリウムの制限です。これらの物質は腎臓に負担をかけてしまいます。摂取量に関しては個人差がありますのでかかりつけ医の細かい指導に従って食事療法にのぞみましょう。特に蛋白質の過剰摂取は腎臓からの排出しか出来ない尿素窒素やクレアチニンの量を多くしてしまいます。腎臓には負担がかかりますので摂生しましょう。腎臓病で塩分を排出する力が落ちています。食塩も注意して極力減らしましょう。カリウムの排出も腎臓の重荷になりますので注意しましょう。エネルギーはしっかりと摂る必要があります。エネルギーが不足したときに体内の筋肉が分解されて出来る物質も腎臓に負担がかかるためです。

無理は禁物です

腎臓病の食事療法は長期戦です。極度の制限で無理をしたり、ストレスをためたりしないように注意しましょう。腎臓病の食事療法だからといって堅苦しく考えずに献立を立てて、家族と一緒に食事を楽しむ工夫が必要です。小さな工夫で食事療法は簡単にできます。蛋白質は少量にし、漬け物や加工品などの塩分が多いものを避け、お味噌汁はお椀に半分。カリウムに対しては野菜や果物を小さく切って水で洗うなどで対処できます。また、忙しい場合は食事の宅配を頼むという選択肢もあります。プロの栄養士が計算し、調理した腎臓病食を宅配をしてくれるサービスは沢山あります。長期間の食事療法には根気が必要です。無理せずに楽に続けられることが重要です。